Cookie同意管理ツールなど、法規制に対応したデータ利活用で協業(GRCS) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

Cookie同意管理ツールなど、法規制に対応したデータ利活用で協業(GRCS)

GRCSは、トレジャーデータと個人データのプライバシー管理領域において協業することに合意したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社GRCSは11月13日、英Arm社の日本法人であるトレジャーデータ株式会社(Arm Treasure Data)と個人データのプライバシー管理領域において協業することに合意したと発表した。Arm Treasure Dataは、マーケティングにおけるデータの利活用を促進するカスタマーデータプラットフォーム(CDP)を提供している。またGRCSは、企業のリスクおよびコンプライアンス管理の観点から個人データのプライバシー管理を支援している。

Cookie(クッキー)は高度なデジタルマーケティング活動に活用できる仕組みであるが、昨年施行されたEU一般データ保護規則(GDPR)では、Cookieが個人を識別するオンライン識別子と関連付けられうる個人データとみなされる。世界的に個人情報保護規制強化が推進されていくと想定されることから、日本でも透明性のあるデータの取り扱いやルールの整備、管理体制を強化する声が高まっている。

両社は、相互の知見を持ち寄ることで企業活動における健全かつ適切なデータの利活用を支援していく。協業の第一歩として、Arm Treasure Dataのクライアントにおけるデータ取り扱いに関わるプライバシー保護の課題を、GRCSの各プライバシー規制に対応したCookie同意管理ツール「CookiePro」の導入支援およびコンサルティングサービスを通じて解決していくとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×