制御システム向け「CyberX Platform」販売開始、日本独自プロトコルにも対応(東芝デジタルソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.19(木)

制御システム向け「CyberX Platform」販売開始、日本独自プロトコルにも対応(東芝デジタルソリューションズ)

東芝デジタルソリューションズは、イスラエルに開発拠点をもつCyberX社と販売代理店契約を締結し、制御システム向けサイバーセキュリティ・プラットフォーム「CyberX Platform」の販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
東芝デジタルソリューションズ株式会社は9月5日、イスラエルに開発拠点をもつCyberX社と販売代理店契約を締結し、制御システム向けサイバーセキュリティ・プラットフォーム「CyberX Platform」の販売を開始したと発表した。すでに国内のエネルギー業界にて初の受注を獲得しており、現在構築を進めているとしている。

CyberX Platformは、世界1,200カ所以上の制御システムで導入されており、日本市場での展開においては、エネルギー業界を含む東芝グループの産業・社会インフラ向け制御システムの構築、運用実績と、CyberXの制御システムに特化した資産識別をはじめとする、サイバーセキュリティ対策技術を融合させた制御システム向けセキュリティソリューションを提供する。

また、国内の制御システムで多く使用されている日本独自かつ非公開のプロトコルにも対応する。新機能「Horizon Protocol ODE(Open Development Environment)」を利用したプロトコルプラグインを作成することで、日本の産業現場特有の環境においても資産とネットワークの可視化が可能となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×