アジア・パシフィックISLA、米川敦氏ら日本人3名が受賞((ISC)2) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.18(木)

アジア・パシフィックISLA、米川敦氏ら日本人3名が受賞((ISC)2)

(ISC)2)は、第13回「年間アジア・パシフィック 情報セキュリティ・リーダーシップ・アワード(ISLA)の受賞者を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
(ISC)2は、第13回「年間アジア・パシフィック 情報セキュリティ・リーダーシップ・アワード(ISLA)の受賞者を発表した。(ISC)2では、7月10日に香港のコンラッドホテルで開催される表彰式ディナーにおいて、13人の受賞者を表彰する予定。

日本人の受賞者は、Senior Information Security Professional部門で三井住友信託銀行、CISSPである米川敦氏、内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター東京2020グループ企画官、CISSPである雲田陽一氏、S&J株式会社ナショナルセキュリティセンター センター長、CISSP、SSCPである安田良明氏となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×