アジア・パシフィックISLA、米川敦氏ら日本人3名が受賞((ISC)2) | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

アジア・パシフィックISLA、米川敦氏ら日本人3名が受賞((ISC)2)

(ISC)2)は、第13回「年間アジア・パシフィック 情報セキュリティ・リーダーシップ・アワード(ISLA)の受賞者を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
(ISC)2は、第13回「年間アジア・パシフィック 情報セキュリティ・リーダーシップ・アワード(ISLA)の受賞者を発表した。(ISC)2では、7月10日に香港のコンラッドホテルで開催される表彰式ディナーにおいて、13人の受賞者を表彰する予定。

日本人の受賞者は、Senior Information Security Professional部門で三井住友信託銀行、CISSPである米川敦氏、内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター東京2020グループ企画官、CISSPである雲田陽一氏、S&J株式会社ナショナルセキュリティセンター センター長、CISSP、SSCPである安田良明氏となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×