ヤフーが3社目のボードメンバー、FIDOが日本での活動状況を発表(FIDO) | ScanNetSecurity
2022.12.05(月)

ヤフーが3社目のボードメンバー、FIDOが日本での活動状況を発表(FIDO)

FIDOアライアンスは、FIDO認証の日本での普及を加速するためのFIDO Japan WGを中心とした日本に関する活動と概況を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
FIDO(ファイド)アライアンスは12月7日、FIDO認証の日本での普及を加速するためのFIDO Japan WG(Working Group: 作業部会)を中心とした日本に関する活動と概況を発表した。FIDOは、パスワード認証に代わる新たなオンライン認証のための技術仕様の標準化を提唱する国際的な非営利団体。

発表によると、ヤフー株式会社が新たにFIDOアライアンスのボードメンバーに加わった。日本の企業としては、株式会社NTTドコモ、LINE株式会社に続く3社目のボードメンバー企業となる。ヤフーは、9月に国内企業として唯一のFIDO2認定を取得したほか、サービス事業者としては世界初となるFIDO2(Web認証)を商用導入している。また、ソフトバンク株式会社、株式会社三菱UFJ銀行がFIDO認証を導入しており、アフラック生命保険株式会社も導入を予定している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×