重要インフラ14分野による分野横断的演習を12月13日に開催(NISC) | ScanNetSecurity
2020.06.02(火)

重要インフラ14分野による分野横断的演習を12月13日に開催(NISC)

NISCは、2018年度の重要インフラ分野における「分野横断的演習」の実施について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は12月4日、2018年度の重要インフラ分野における「分野横断的演習」の実施について発表した。同演習は、重要インフラにおけるサービス障害への対応能力の維持・向上を目的としたもので、13回目となる今回は、12月13日に東京の砂防会館別館において実施される。

演習に参加予定の機関などは、重要インフラ事業者等14分野(情報通信、金融、航空、空港、鉄道、電力、ガス、政府・行政サービス、医療、水道、物流、化学、クレジット、石油)、および政府機関などとして重要インフラ所管省庁(金融庁、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省)、情報セキュリティ関係機関、NISCなどとなっている。参加予定人数は、合計約3,000名以上(一部事業者は地方会場および自職場において参加)としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×