「飛ばし裏広告」の検知へ2社が取り組みを開始(モメンタム、マイクロアド) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

「飛ばし裏広告」の検知へ2社が取り組みを開始(モメンタム、マイクロアド)

モメンタムはマイクロアドとの協働により、「飛ばし裏広告」の検知に関する取り組みを開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
Momentum株式会社(モメンタム)は10月18日、株式会社マイクロアドとの協働により、「飛ばし裏広告」の検知に関する取り組みを開始したと発表した。飛ばし裏広告とは、特定のまとめサイト等において、第三者のアダルトサイト等から強制的にユーザを遷移させることでアクセス数を増加させ、不正に広告収益を獲得するアドフラウドの手法のこと。

両社の取り組みは、モメンタムのアドフラウド対策ソリューション「BlackHeron」をマイクロアドのSSPサービス「MicroAd COMPASS」へ導入することで、飛ばし裏広告を含むアドフラウドを検知するというもの。BlackHeronは、インターネット広告の取引をモニタリングし、不正広告の検知を自動で行うことで、アドフラウドを排除した安全な広告配信を実現する。広告が配信されたブラウザの解析やユーザの行動による分析に加え、独自のアルゴリズムに基づいたスコアリング(フラウドスコア)を活用することで、無価値な広告配信を防ぎ広告効果の向上が期待できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×