「PSC」に脅威ハンティングとインシデントレスポンス機能を提供(カーボン・ブラック・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.04.22(月)

「PSC」に脅威ハンティングとインシデントレスポンス機能を提供(カーボン・ブラック・ジャパン)

カーボン・ブラック・ジャパンは、クラウド型エンドポイント防御プラットフォーム「Cb Predictive Security Cloud(PSC)」に、脅威ハンティングとインシデントレスポンス機能を提供する「Cb ThreatHunter」を新たに追加したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
カーボン・ブラック・ジャパン株式会社は10月12日、クラウド型エンドポイント防御プラットフォーム「Cb Predictive Security Cloud(PSC)」に、脅威ハンティングとインシデントレスポンス機能を提供する「Cb ThreatHunter」を新たに追加したと発表した。ニューヨークで開催中の年次ユーザカンファレンス「Cb Connect 2018」で発表されたもので、新サービス追加によるPSCの機能強化は今年4回目となる。

Cb ThreatHunterは、脅威ハンティングとインシデントレスポンス機能のほか、次世代アンチウイルスとEDR(Endpoint Detection and Response)、仮想データセンターのセキュリティ、リアルタイムの問い合わせと修復、マネージド型の脅威ハンティングとトリアージの5つの機能で構成される。フィルタリングされていないデータを継続的に収集することで、プロアクティブな脅威ハンティングを実現する。また、脅威インテリジェンスのマッチング機能を拡張し、包括的なデータの関連付けを可能にしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×