Firebox用OSをアップデート、Cylanceのマルウェア検知エンジンを搭載(ウォッチガード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

Firebox用OSをアップデート、Cylanceのマルウェア検知エンジンを搭載(ウォッチガード)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は8月8日、同社の「Unified Security PlatformアプライアンスFirebox」に搭載されているオペレーティングシステムの最新バージョン「Fireware 12.2」を発表した。今回のアップデートでは、新たなアンチウイルススキャンサービス、「IntelligentAV」が追加されている。

IntelligentAVは、Cylance社の機械学習技術を活用したマルウェア検知エンジンにより、常に進化するゼロデイマルウェアを予測、検知、そして防御を実現する。また、Fireware 12.2ではこのほか、Firebox Cloud管理のアップグレードや地域別防御設定ポリシーへの対応、POP3SおよびSMTPS(またはTLS上のPOP3およびSMTP)のメール検索プロトコルで、プロキシおよびマルウェアのインスペクション、複数サーバの認証、USB型データ端末への対応などが行われている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×