Firebox用OSをアップデート、Cylanceのマルウェア検知エンジンを搭載(ウォッチガード) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

Firebox用OSをアップデート、Cylanceのマルウェア検知エンジンを搭載(ウォッチガード)

ウォッチガードは、「Unified Security PlatformアプライアンスFirebox」に搭載されているオペレーティングシステムの最新バージョン「Fireware 12.2」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は8月8日、同社の「Unified Security PlatformアプライアンスFirebox」に搭載されているオペレーティングシステムの最新バージョン「Fireware 12.2」を発表した。今回のアップデートでは、新たなアンチウイルススキャンサービス、「IntelligentAV」が追加されている。

IntelligentAVは、Cylance社の機械学習技術を活用したマルウェア検知エンジンにより、常に進化するゼロデイマルウェアを予測、検知、そして防御を実現する。また、Fireware 12.2ではこのほか、Firebox Cloud管理のアップグレードや地域別防御設定ポリシーへの対応、POP3SおよびSMTPS(またはTLS上のPOP3およびSMTP)のメール検索プロトコルで、プロキシおよびマルウェアのインスペクション、複数サーバの認証、USB型データ端末への対応などが行われている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×