「WPA2」の後継となる「Wi-Fi CERTIFIED WPA3」規格を発表(Wi-Fi Alliance) | ScanNetSecurity
2020.11.01(日)

「WPA2」の後継となる「Wi-Fi CERTIFIED WPA3」規格を発表(Wi-Fi Alliance)

Wi-Fi Allianceは、個人および企業向けネットワークのWi-Fi保護機能を強化した次世代Wi-Fiセキュリティ規格「Wi-Fi CERTIFIED WPA3」を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
Wi-Fi Allianceは6月28日、個人および企業向けネットワークのWi-Fi保護機能を強化した次世代Wi-Fiセキュリティ規格「Wi-Fi CERTIFIED WPA3」を発表した。WPA3は、10年以上にわたり採用されているWPA2の後継であり、Wi-Fiセキュリティの簡素化や、よりレジリエントな認証、さらに強固な機密データの暗号化を実現する新機能を備えたという。また、WPA2デバイスの相互運用性とセキュリティも確保する。

WPA3では、ユーザが指定したパスワードが一般的に推奨される強度に達していない場合でも、レジリエントなパスワードベースの認証を提供する「WPA3-Personal」と、192ビットの暗号強度を実現し、政府機関や金融機関などのように機密データを伝送するネットワークを保護する「WPA3-Enterprise」の2つのオペレーションモードを提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×