データ適正消去実行証明書発行事業を開始、ソフトとサービスの事業者も募集(CSAJ) | ScanNetSecurity
2020.10.22(木)

データ適正消去実行証明書発行事業を開始、ソフトとサービスの事業者も募集(CSAJ)

CSAJは、データ適正消去実行証明書発行事業を開始すると発表した。同時にデータ消去ソフトウェア開発企業および消去サービス事業者を募集する。

製品・サービス・業界動向 業界動向
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は5月31日、データ適正消去実行証明書発行事業を同日より開始すると発表した。同事業は、消去ソフトウェアと消去サービス事業者と連携して行うため、同時にデータ消去ソフトウェア開発企業および消去サービス事業者を募集する。なお、同事業はデータ適正消去実行証明協議会(ADEC)基準のもと実施するため、募集の消去ソフトウェアおよび消去サービス事業者はADECの認証を受ける必要がある。

同事業は、消去サービス事業者が、ADECにて認証された消去ソフトウェアを利用し、ハードディスクやSSDの内蔵ドライブのデータを消去した場合、ADECが証明書を発行するというもの。消去サービス事業者は、第三者からの証明書を顧客に提示することで消去作業の信頼性を高めることができ、さらにその消去事業のプロセスも認証を受けることで、消去サービス事業者の作業プロセスの安全性も訴求することが可能となる。

認証を受けるためには、ADECの正会員になる必要がある。正会員は入会金10万円と年会費25万円が必要。また、消去ソフトウェア開発企業が消去技術の認証を受けるための費用は1件あたり25万円、消去サービス事業者が消去プロセスの認証審査を受けるための費用は1箇所あたり年額30万円。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×