独自の秘密分散技術によりデータを無意味化するエンジンを提供(ZenmuTech) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

独自の秘密分散技術によりデータを無意味化するエンジンを提供(ZenmuTech)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ZenmuTechは4月20日、データを無意味化することで「情報の安全」を実現するオープン・セキュリティインフラストラクチャ「ZENMU(ゼンム)」のエンジン部分を同日より提供開始したと発表した。ZENMUは、独自の秘密分散技術を用いて、データを意味のない形に変換・分割して、分散管理するもの。分割したデータ片のひとつでも欠けていると復元できず、またデータ片からは一部も推測できない無意味なものになる。

同社ではこれまで、同エンジンをZENMU SDKとして提供していたが、今回新たなアーキテクチャーを採用し、分散・復元の処理速度を高め「ZENMU Engine 1.0」として提供する。ZENMU Engineでは固定サイズで分割でき、元データのサイズによらず1片を最小32バイト(ヘッダーを除く)にすることが可能となった。ZENMU SDKで分散した分散片は、ZENMU Engineによる復元が可能。

これにより、IoTやFintech分野での情報漏えい対策や重要データの送受信などに加え、認証分野での利用やブロックチェーンとの組み合わせにより、より高度なセキュリティの実現が期待できるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×