UTM内蔵ネットワークストレージの新製品、機密データを守る新機能を搭載(村田機械) | ScanNetSecurity
2022.05.19(木)

UTM内蔵ネットワークストレージの新製品、機密データを守る新機能を搭載(村田機械)

村田機械は、UTM内蔵ネットワークストレージの新製品を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
村田機械株式会社は4月18日、UTM内蔵ネットワークストレージの新製品を発表した。発表したのは、「UTM内蔵ネットワークストレージ『InformationGuard Plus(インフォメーションガード・プラス)』IPB-7550/IPB-7350」の2モデルと、ネットワークストレージ機能に特化した「『InformationGuard Plus』IPB-7050」の1モデル。5月下旬よりムラテック販売株式会社を通じて発売する。

「InformationGuard Plus」は、2016年7月に販売開始した「InformationGuard」の後継シリーズ。UTM機能のパフォーマンスを向上させるとともに、機密データをより安全・快適に管理できる「セキュリティーフォルダー」をストレージ機能に追加した。この機能は、権限を持つユーザの暗号鍵でしか解錠できず、毎回ランダムなネットワークパスが割り当てられる特殊なフォルダ。なお「IPB-7050」は、UTM機能を省きストレージ機能に特化した製品となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×