「DDI」と「Deep Security」にAIを搭載、多層防御を強化(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2022.05.22(日)

「DDI」と「Deep Security」にAIを搭載、多層防御を強化(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、総合サーバセキュリティ対策製品の最新版「Deep Security 11.0」と、ネットワーク型脅威対策製品の最新版「DDI 5.0」の提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
トレンドマイクロ株式会社は4月2日、総合サーバセキュリティ対策製品の最新版「Trend Micro Deep Security(Deep Security)11.0」と、ネットワーク型脅威対策製品の最新版「Deep Discovery Inspector(DDI)5.0」の提供を開始すると発表した。「Deep Security 11.0」は5月1日、「DDI 5.0」は4月3日より提供を開始する。

最新版では、両製品において同社の防御アプローチXGenに基づき、AI(人工知能)技術による「機械学習型検索機能」を搭載した。同機能は、従来のパターンマッチング方式では脅威と判別できないファイルを、プログラムの実行前と実行時のふるまいの特徴、侵入経路などの情報をもとに、複数のアルゴリズムを用いて作成された判定用モデル群の中から、最適なモデルを検索対象のプログラムごとに使い分けることで未知の脅威を迅速に検知し、ブロックする。

「Deep Security 11.0」では、同機能はエージェント型(ホスト型)とVirtual Appliance型(仮想アプライアンス型)の両方に対応し、物理・仮想・クラウド環境のサーバに対し統一したセキュリティ対策を提供できる。「DDI 5.0」では、同機能をカスタムサンドボックスに搭載する。いずれも、パターンマッチング、Webレピュテーション、振る舞い検知などの技術とAI技術を融合することで、多層防御によるさらに強固なセキュリティを提供するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×