ベライゾンらの知見活用しリスク評価(三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険 他) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

ベライゾンらの知見活用しリスク評価(三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険 他)

三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、インターリスク総研の3社は、ベライゾンジャパンおよびビットサイトと協業し、2月1日から企業のサイバーリスクを多面的に評価する新たなサービスを開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、株式会社インターリスク総研の3社は2月5日、ベライゾンジャパン合同会社およびビットサイト・テクノロジーズ(ビットサイト社)と協業し、2月1日から企業のサイバーリスクを多面的に評価する新たなサービスを開始したと発表した。

この評価サービスは、ベライゾン社の内部リスク評価モデルによりスコアリングを実施、またヒアリングにより20の情報セキュリティ対策分野別、サイバー攻撃手法別にリスクレベルを評価する。さらに、ビットサイト社の外部リスク評価によりサイバーセキュリティレベルをスコアリングし、これらの結果をレポートとして報告する。インターリスク総研による新たなコンサルティングサービス「サイバーセキュリティMaster」の提供も開始し、企業が多層的にリスクを防御する体制構築をワンストップで支援する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×