ASEANの重要戦略拠点タイに現地法人設立、エリア拡大(NTTセキュリティ) | ScanNetSecurity
2020.11.28(土)

ASEANの重要戦略拠点タイに現地法人設立、エリア拡大(NTTセキュリティ)

NTTセキュリティは、タイに現地法人を設立したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NTTセキュリティ株式会社は1月15日、タイに現地法人を設立したと発表した。サービス提供エリア拡大の一環として、セキュリティ分析技術やセキュリティ脅威情報を基盤としたマネージドセキュリティサービス(MSS)およびプロフェッショナルサービスを、同国の企業、政府及びグローバルで事業展開する企業に提供する。

タイはASEANで2番目に大きいGDPを占めており今後年率3%の経済成長を予測されており、他のアジア諸国と同様に、企業がさまざまなサイバー攻撃の脅威にさらされている。一方で、ボットネットに攻撃指示を送るC&Cサーバの設置拠点として世界で第19位であり、世界のボットネットの9%がタイのC&Cサーバに接続されている。実際に、過去最大規模のMiraiボットネットによるDDoS攻撃の多くは、アジア地域が起点となっていることも、現地法人設立の理由のひとつとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×