工場内の脅威を可視化、3社協同ソリューション(萩原電気、トレンドマイクロ、アラクサラネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

工場内の脅威を可視化、3社協同ソリューション(萩原電気、トレンドマイクロ、アラクサラネットワークス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

萩原電気株式会社、トレンドマイクロ株式会社、アラクサラネットワークス株式会社(アラクサラ)の3社は1月15日、製造業をターゲットとした工場内脅威可視化ソリューション「In-Line Security Monitor」を共同開発し、萩原電気が2018年4月より提供を開始すると発表した。同ソリューションは、工場ネットワーク内でウイルスが検知された際に、現場保全員の初動を促進し、ウイルス被害を最小限に抑えることを目的としたもの。

制御ネットワーク内の生産ラインごとに、端末のウイルス感染状況や未登録端末の接続状況などのセキュリティ情報を可視化し、グラフィカルユーザインタフェース(GUI)表示により、ネットワークやセキュリティの専門家でなくとも、セキュリティ情報を直感的に確認できる。また、2018年中を目途にトレンドマイクロのSDN連携セキュリティ対策製品「Trend Micro Policy Manager」とアラクサラのスイッチを連携、不審な通信を発信する端末を特定し、工場ネットワークから自動的に切り離す機能を提供する予定。

価格は、初期導入費用が900,000円から(構築費用別)、年間ライセンス費用が300,000円から(次年度以降)となっている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×