パスワード入力後カード番号表示、セキュリティ強化カードをCESで発表(三井住友カード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

パスワード入力後カード番号表示、セキュリティ強化カードをCESで発表(三井住友カード)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

三井住友カード株式会社と米Dynamics社は1月8日、世界初の「ロック機能付きクレジットカード」を2018年に日本市場で展開する計画を発表した。米ラスベガスで開催されているエレクトロニクスショー「CES(Consumer Electronics Show)2018」の会場で発表された。

新型のカードには、LEDや液晶、番号を入力するタッチ式ボタンが搭載されており、カードを利用する都度、カード上のタッチ式ボタンでユーザ自身が設定したパスワードを入力して起動させる。起動させると液晶にカード番号が表示され、表示中のみ磁気ストライプ・ICチップの機能がアクティベートされる。

カード番号の表示中は、店頭決済、インターネット決済でカードを利用できる。カードの利用後は、液晶のカード番号が非表示となり、磁気ストライプ、ICチップの機能が停止し、カードは利用できない状態になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×