海外子会社も対象のサイバーセキュリティ保険プラン(チューリッヒ) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

海外子会社も対象のサイバーセキュリティ保険プラン(チューリッヒ)

チューリッヒ保険会社は、サイバーセキュリティ保険の販売を2018年1月1日より開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
チューリッヒ保険会社は12月20日、サイバーセキュリティ保険の販売を2018年1月1日より開始すると発表した。製造業を中心に、サイバー攻撃に係る幅広いリスクを、海外子会社も含めて一括管理できる商品となっている。

システムへの不正アクセス、不正利用、悪質なコード(マルウェア)の挿入、DoS攻撃などによるサービス障害を原因として、顧客が被る企業収益の減少を補償するほか、情報セキュリティ関連の事故、および情報漏えい事故により顧客が負担する損害賠償金をはじめ、争訟費用、デジタル資産の交換費用、サイバー攻撃への対応費用などの各種費用を幅広く補償する。

さらに、海外子会社を含むすべての子会社を、日本の本社で一括して管理することが可能な国際保険プログラム「インターナショナル・プログラム」も用意している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×