データ受け渡し製品にファイル無害化エンジンを組み合わせて提供(NTTテクノクロス、プロット) | ScanNetSecurity
2021.06.22(火)

データ受け渡し製品にファイル無害化エンジンを組み合わせて提供(NTTテクノクロス、プロット)

NTTテクノクロスは、データ受け渡し製品「Crossway/データブリッジ」にプロットのファイル無害化エンジン「Fast Sanitizer」を組み合わせた新製品「Crossway/データブリッジ 無害化オプション」を11月1日より販売すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NTTテクノクロス株式会社は9月26日、同社のデータ受け渡し製品「Crossway/データブリッジ」に株式会社プロットのファイル無害化エンジン「Fast Sanitizer」を組み合わせた新製品「Crossway/データブリッジ 無害化オプション」を11月1日より販売すると発表した。価格は200万円からで、無害化エンジンで利用するコア数により変わる。

Crossway/データブリッジは、USBメモリに代わり安全にデータ受け渡すことで情報漏えいを防止する機器。今回、150以上の自治体に導入されているファイル無害化機能付きファイル交換システム「Smooth File」のエンジン「Fast Sanitizer」を組み込むことで、データ受け渡し時における安全の確立と運用負荷の削減を実現した。無害化エンジンでは、ファイル内のマクロ領域や埋め込みオブジェクトを除去するほか、PDFファイル内に仕込まれたJavaScript、画像ファイル内のメタデータなどの領域もすべて削除・除去することで、マルウェアの侵入リスクを減らす。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×