ペネトレーションテスト向けツールの最新版を発売、高速化や強化を実施(Core Security) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

ペネトレーションテスト向けツールの最新版を発売、高速化や強化を実施(Core Security)

Core Securityは、攻撃者が狙うセキュリティの脆弱性を特定し、評価とテストを行うための包括的なソフトウェアソリューションの最新バージョン「Core Impact 2017 R2」のリリースを発表、日本国内での出荷を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
Core Securityは9月14日、攻撃者が狙うセキュリティの脆弱性を特定し、評価とテストを行うための包括的なソフトウェアソリューションの最新バージョン「Core Impact 2017 R2」のリリースを発表、日本国内での出荷を開始した。同ソリューションは、Core Securityの統合セキュリティプラットフォーム「Actionable Insight platform and Remediation(AIR)」の脆弱性に関するソリューションを構成する製品のひとつで、組織に対し的確で強力な侵入攻撃テストを実施することにより、最も緊急性が高いサイバーリスクを特定するもの。

ペネレーションやレッドチームのテスト担当者は、システム、デバイス、アプリケーションにまたがるリアルな攻撃を真似て、脆弱性の連鎖がミッションクリティカルなシステムやデータへのパスをどのように開き、特権を昇格させ、パスに沿った資格情報を取得させるのかを明らかにすることができる。最新版では、特権昇格機能をより高速化するとともに、パッチ適用済みの検証機能を強力にした。また、エージェントの生存期限を設定できるようにしたほか、サードパーティのライブラリーと製品のアップデートに対応した。さらに、ペンテスター個人に紐づいたネームドユーザライセンスを追加している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×