ディープラーニングを採用したイスラエルのエンドポイント保護製品を発売(アズジェント) | ScanNetSecurity
2021.05.15(土)

ディープラーニングを採用したイスラエルのエンドポイント保護製品を発売(アズジェント)

アズジェントは、イスラエルのDEEP INSTINCT社と販売契約を締結し、次世代エンドポイントマルウェア対策製品「Deep Instinct」の販売を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社アズジェントは9月13日、イスラエルのDEEP INSTINCT, Ltd.(ディープ インスティンクト)と販売契約を締結し、DEEP INSTINCT社の次世代エンドポイントマルウェア対策製品「Deep Instinct」の販売を開始すると発表した。Deep Instinctは、セキュリティで世界で初めて、ニューラルネットワークを用いたディープラーニングにより、被害が発生する前に脅威を検知、防御するNGEPP(次世代エンドポイントプロテクション)製品。

Deep Instinctは、D-Brain(リサーチラボ)、D-Appliance(管理モジュール)、D-Client(クライアントエージェント)から構成される。D-Brainは、DEEP INSTINCT社のリサーチラボであり、ディープラーニングによるマルウェアの学習を行い、その結果を3カ月ごとに予測モジュールに反映する。D-Applianceは、D-Brainの作成した予測モジュールを各端末に配布し管理するモジュール。クラウドとオンプレミスの双方に対応し、Microsoft AzureのOMSと連携でD-Clientのログの一元管理も可能になる。

D-Clientは、クライアントエージェント。メモリ使用率が低いため端末のパフォーマンスに影響を及ぼさず、主要なアンチウイルス製品との協調可動が可能。販売価格は、1端末あたり年額8,500円(税別、100端末の場合)。アズジェントでは、D-Clientが日本語化されたDeep Instinct(Microsoft Azure対応版含)を2017年11月より販売開始し、初年度7億円の販売を目指すとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×