改正個人情報保護法とEU GDPR対応ソリューション(SAS) | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

改正個人情報保護法とEU GDPR対応ソリューション(SAS)

SASは、5月に改正された国内の個人情報保護法、および2018年5月施行予定のEU一般データ保護規則「EU GDPR」に対応した統合個人情報保護ソリューションを、国内で提供開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
SAS Institute Japan株式会社(SAS)は9月7日、5月に改正された国内の個人情報保護法、および2018年5月施行予定のEU一般データ保護規則「EU GDPR」に対応した統合個人情報保護ソリューションを、国内で提供開始したと発表した。同ソリューションは、厳格な個人情報保護、および個人情報利活用を実現するために一連のプロセスを定義し、組織、業務、システムの仕組み作りを支援するもの。

具体的には、個人情報保護に必要な「アクセス」「特定」「統制」「保護」「監査」のプロセスに対し、「データアクセス機能」「データ品質管理機能」「個人データ辞書作成機能」「個人データ匿名加工化機能」「レポーティング機能」を提供する。企業は、これらのソリューションを活用して5つのプロセスへ網羅的に取り込み、機能を実装することで、安全な個人情報保護と積極的な個人情報利活用を実現できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×