AWS上でのPCI DSS準拠を支援するサービス、2つのメニューを提供(リンク) | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

AWS上でのPCI DSS準拠を支援するサービス、2つのメニューを提供(リンク)

リンクは、AWS上でPCI DSS準拠を支援する「PCI DSS Ready Cloud AWSモデル」の提供を2017年秋より開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社リンクは6月22日、AWS上でPCI DSS準拠を支援する「PCI DSS Ready Cloud AWSモデル」の提供を2017年秋より開始すると発表した。これは、カード情報を取扱う事業者はカード情報の非保持化または PCI DSS 準拠を行う必要があるという、経済産業省が主導する「クレジット取引セキュリティ対策協議会」が3月8日に発表した「実行計画2017」を受けたもの。

「PCI DSS Ready Cloud AWS モデル」では、すでにAWS上で運用しているユーザ向けに、PCI DSS準拠に必要なセキュリティコンポーネントのみを提供する「セキュリティコンポーネント提供型」と、新規にAWS上で構築するユーザ向けにサーバ環境まで組み合わせた「VPC型 」の2つのプランを用意。セキュリティコンポーネント提供型は、初期費用160万円から、月間利用料は35万円から。VPC提供型は、初期費用160万円から、月間利用料は50万円からとなっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×