サイバーミステリの競作特集を連載開始、5名の作家・評論家が参加(イード) | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

サイバーミステリの競作特集を連載開始、5名の作家・評論家が参加(イード)

イードは、法人向け情報セキュリティ専門メディア「ScanNetSecurity」において、ショートショートミステリの競作特集「起こりうる事件 来たるべき世界~サイバーミステリ小説アンソロジー」の連載を6月5日より開始する。

製品・サービス・業界動向
「起こりうる事件 来たるべき世界~サイバーミステリ小説アンソロジー」イメージイラスト(画 瀬尾 浩史)
株式会社イードは6月1日、同社が運営する法人向け情報セキュリティ専門メディア「ScanNetSecurity(スキャンネットセキュリティ)」において、ショートショートミステリの競作特集「起こりうる事件 来たるべき世界~サイバーミステリ小説アンソロジー」の連載を6月5日より開始すると発表した。同連載は、近い将来起こりうる新しいサイバー犯罪・脅威をテーマとした、人気ミステリ作家によるショートショートミステリの競作特集。

この企画は、サイバー犯罪が多発し、犯罪者側の想像力が対策側のそれを凌駕するケースが生じており、サイバーミステリの社会的重要性がよりいっそう増している現状から立案された。今回、趣旨に賛同し参加した作家・評論家は、「SE神谷翔の事件簿」シリーズの七瀬晶氏、「鵬藤高校天文部 君が見つけた星座」の千澤のり子氏、「原発サイバートラップ: リアンクール・ランデブー」の一田和樹氏、「裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬」の柳井政和氏、評論家の遊井かなめ氏の5名。また、同企画のイメージイラストは、コンピュータ犯罪捜査を描いた漫画「アキバ署!」の瀬尾浩史氏が製作している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

    GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

  2. 日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

    日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

  3. 「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

    「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

  4. 日本プルーフポイント 増田幸美氏「Cybersecurity Woman of the World Edition 2024」にノミネート

  5. マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソード

  6. ジョン・マカフィーの死から三年、新CEOにクレイグ・バウンディ氏

  7. AeyeScan blog 第7回「御社のWebサイトに潜む『放置ページ』を見つける方法」

  8. CTFの覇者 市川遼が目指す「GMOイエラエの技術者が攻撃しようとするときに最初にやること全部の完全自動化」~ ネットde診断 for ASM

  9. NTTが標準化活動を推進、秘密計算技術「ISO/IEC 4922-1:2023」発行

  10. イエラエセキュリティ牧田誠が作った「エンジニアの楽園」、創業10 年でかなえた夢 10 年後にかなえた夢

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×