IT資産管理とセキュリティ管理を統合、リスクに基づく優先付けが可能に(フレクセラ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

IT資産管理とセキュリティ管理を統合、リスクに基づく優先付けが可能に(フレクセラ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

フレクセラ・ソフトウェア合同会社(フレクセラ)は5月22日、IT資産管理とセキュリティ管理を統合すると発表した。これは、ベンダ、財務、リスクの管理および運用効率、最適化を向上させるためのプロセスであり、その第一歩として「Vulnerability Intelligence Manager」によりSAM(資産管理)ソリューション「FlexNet Manager Suite」の中核的なソフトウェアとハードウェアのインベントリ・データを使用してエンタープライズ・リスクを明確化できるようにした。

これにより、企業は脆弱性を特定し、リスクに基づいて優先順位を付けることが可能になる。また、SAMチームとセキュリティ・チームが同じ視点でアプリケーションを見ることにより、両チームの効率の高い連携を可能にし、セキュリティ脆弱性を監視する必要があるソフトウェアのより包括的かつ正確な一覧を自動的に構築・維持することが可能になるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×