バグ発見報奨金プログラムの対象が「ニンテンドースイッチ」に拡大(任天堂) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

バグ発見報奨金プログラムの対象が「ニンテンドースイッチ」に拡大(任天堂)

製品・サービス・業界動向 業界動向

任天堂が、海外向け脆弱性調整/バグ報奨金プラットフォームのHackerOneを通じ、2016年12月より行っているバグ発見報奨金プログラム。本プログラムの対象が「ニンテンドースイッチ」に拡大しています。

2017年3月3日に発売されたばかりのニンテンドースイッチですが、任天堂が求める脆弱性の例として、ARMのセキュリティ技術TrustZoneやKernelの乗っ取りなどが挙げられています。任天堂は報奨金プログラムを開始した2016年12月以降、既に3人の情報提供者へ賞金を支払った模様です(報酬額は不明)。

この報奨金プログラムでは、報告した不具合を第三者に公表してはいけないという規則や、報奨金額の決定権が任天堂にあること(100ドル~20,000ドル)、レポート提出のテンプレートなどは以前からほぼ変わっていないため、Game*Sparkの過去記事もあわせて参照ください。

不具合報告に国籍の指定は無いので、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

任天堂のバグ発見報奨金プログラムが「ニンテンドースイッチ」にも拡大

《Game*Spark@INSIDE》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×