情報漏えい対策ソフトの新版を3月末に発売、運用負荷軽減など実装(富士通アドバンストエンジニアリング) | ScanNetSecurity
2022.05.23(月)

情報漏えい対策ソフトの新版を3月末に発売、運用負荷軽減など実装(富士通アドバンストエンジニアリング)

富士通アドバンストエンジニアリングは、情報漏えい対策ソフトウェアの新バージョン「InfoBarrier10」を2017年3月末より販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社富士通アドバンストエンジニアリングは2月28日、情報漏えい対策ソフトウェアの新バージョン「InfoBarrier10」を2017年3月末より販売開始すると発表した。3年間で50万ライセンスの販売を目指す。同ソフトウェアは、「Windows操作制限」「媒体制御」「操作ログ取得」「資産管理」「端末一括管理」「監視アラート」機能などを搭載、組織内でのセキュリティ管理をオールインワンで提供するもの。

新バージョンでは、各グループ組織に特定の権限(ログ参照や組織変更)を持つセキュリティ管理者を設定することで、運用負荷を軽減する。また、ネットワークにつながっていない状態でも、端末や外部媒体の操作ログの取得をサーバレスでサポートする。許可された外部媒体のみを使用可能とし、スタンドアロン環境での情報の持ち出し・持ち込みを制限することも可能。Windows 10や、「Microsoft Edge」への操作制限にも対応している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×