情報漏えい対策ソフトの新版を3月末に発売、運用負荷軽減など実装(富士通アドバンストエンジニアリング) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.23(水)

情報漏えい対策ソフトの新版を3月末に発売、運用負荷軽減など実装(富士通アドバンストエンジニアリング)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社富士通アドバンストエンジニアリングは2月28日、情報漏えい対策ソフトウェアの新バージョン「InfoBarrier10」を2017年3月末より販売開始すると発表した。3年間で50万ライセンスの販売を目指す。同ソフトウェアは、「Windows操作制限」「媒体制御」「操作ログ取得」「資産管理」「端末一括管理」「監視アラート」機能などを搭載、組織内でのセキュリティ管理をオールインワンで提供するもの。

新バージョンでは、各グループ組織に特定の権限(ログ参照や組織変更)を持つセキュリティ管理者を設定することで、運用負荷を軽減する。また、ネットワークにつながっていない状態でも、端末や外部媒体の操作ログの取得をサーバレスでサポートする。許可された外部媒体のみを使用可能とし、スタンドアロン環境での情報の持ち出し・持ち込みを制限することも可能。Windows 10や、「Microsoft Edge」への操作制限にも対応している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×