勘定系業務端末にロックダウン型のウイルス対策を導入(日立システムズ、トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2020.06.03(水)

勘定系業務端末にロックダウン型のウイルス対策を導入(日立システムズ、トレンドマイクロ)

日立システムズとトレンドマイクロは、京葉銀行が千葉県内118箇所の店舗および拠点における約400台の勘定系端末への不正プログラム対策として、トレンドマイクロのロックダウン型ウイルス対策ソフト「TMSL」を導入したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社日立システムズとトレンドマイクロ株式会社は12月2日、株式会社京葉銀行が千葉県内118箇所の店舗および拠点における約400台の勘定系端末への不正プログラム対策として、トレンドマイクロのロックダウン型ウイルス対策ソフト「Trend Micro Safe Lock(TMSL)」を導入したと発表した。日立システムズがTMSLの導入およびシステム構築を行っている。

京葉銀行では質の高いサービス提供を目指し、店舗や拠点の勘定系業務端末の刷新を進めており、勘定系端末から情報系端末を仮想デスクトップ(VDI)方式で利用可能とすることで業務効率を向上している。勘定系端末も情報系端末もインターネットから切り離されているが、さらなるセキュリティ情報のためにトレンドマイクロのTMSLを導入した。

TMSLは、あらかじめ許可されたアプリケーションのみを動作可能にする(ロックダウン)ため、不正プログラムの実行を防止しパターンファイルも不要。これによりシステムのパフォーマンスを低下させずにウイルス対策でき、またTMSLエージェントのブロックイベント・ログなどの情報を、管理画面から集中管理できることも高く評価されたという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×