機密情報ファイルの自動暗号化製品を機能強化、共有フォルダ機能など追加(東芝情報システム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

機密情報ファイルの自動暗号化製品を機能強化、共有フォルダ機能など追加(東芝情報システム)

東芝情報システムは、機密情報の漏えい対策ソリューション「Secure Protection」のセキュリティ対策を強化したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
東芝情報システム株式会社は11月29日、機密情報の漏えい対策ソリューション「Secure Protection」のセキュリティ対策を強化したと発表した。同ソリューションは、PC内に保存されている重要・機密情報ファイルを定期的に探索し、発見した重要・機密情報ファイルを自動的に暗号化することが特長。「スタンダード」と「アドバンス」の2つのエディションが用意される。

今回、新たに「共有フォルダー自動暗号機能」を追加。リアルタイムな暗号化の監視対象となるフォルダにファイルが作られた場合に、リアルタイムで暗号化処理を行い、平文状態の時間を極小化する。また、「右クリック即時暗号化機能」も追加した。同社では、今後の情報セキュリティ対策事業において年間10億円の売上を目標に拡販するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×