機密情報ファイルの自動暗号化製品を機能強化、共有フォルダ機能など追加(東芝情報システム) | ScanNetSecurity
2022.12.05(月)

機密情報ファイルの自動暗号化製品を機能強化、共有フォルダ機能など追加(東芝情報システム)

東芝情報システムは、機密情報の漏えい対策ソリューション「Secure Protection」のセキュリティ対策を強化したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
東芝情報システム株式会社は11月29日、機密情報の漏えい対策ソリューション「Secure Protection」のセキュリティ対策を強化したと発表した。同ソリューションは、PC内に保存されている重要・機密情報ファイルを定期的に探索し、発見した重要・機密情報ファイルを自動的に暗号化することが特長。「スタンダード」と「アドバンス」の2つのエディションが用意される。

今回、新たに「共有フォルダー自動暗号機能」を追加。リアルタイムな暗号化の監視対象となるフォルダにファイルが作られた場合に、リアルタイムで暗号化処理を行い、平文状態の時間を極小化する。また、「右クリック即時暗号化機能」も追加した。同社では、今後の情報セキュリティ対策事業において年間10億円の売上を目標に拡販するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×