重要インフラにおける分野横断的演習、今回は過去最大規模に(NISC) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

重要インフラにおける分野横断的演習、今回は過去最大規模に(NISC)

NISCは、2016年度の重要インフラにおける分野横断的演習の実施について発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は11月28日、2016年度の重要インフラにおける分野横断的演習の実施について発表した。同演習は、重要インフラ全体のIT障害対応能力の維持・向上を目的としたもので、今回は12月7日に東京の砂防会館別館において実施される。演習は、サービスへの影響が小さいIT障害の発生を想定した第1部、事業継続が脅かされるケースを想定した第2部の2部構成となる。

重要インフラ事業者等13分野(情報通信、金融、航空、鉄道、電力、ガス、政府・行政サービス、医療、水道、物流、化学、クレジット、石油)、および政府機関など重要インフラ所管省庁(金融庁、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省)、情報セキュリティ関係機関、NISCなど、合計約500組織2,000名程度が参加予定(一部事業者は地方会場および自職場において参加、見学参加も含む)で、過去最大規模となる見込み。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×