自動運転の「サイバーセキュリティ及びデータ保護に係るガイドライン」について合意(WP29) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

自動運転の「サイバーセキュリティ及びデータ保護に係るガイドライン」について合意(WP29)

スイスのジュネーブで16日に開催されたWP29=国際連合自動車基準調和世界フォーラム170回会合の「自動運転分科会」で、日本とドイツが提案した「サイバーセキュリティ及びデータ保護に係るガイドライン」について合意した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
スイスのジュネーブで16日に開催されたWP29=国際連合自動車基準調和世界フォーラム170回会合の「自動運転分科会」で、日本とドイツが提案した「サイバーセキュリティ及びデータ保護に係るガイドライン」について合意した。

今後、ガイドラインについては、2017年3月開催予定の次回WP29第171回会合に上程、審議され、成立する見込み。

ガイドラインの要件は、データの操作、誤用に対抗する適切な保護の確実な実施、世界標準の通信技術によるデータ及び通信の暗号化、データ保護・セキュリティに関する独立し、認可された審査による証明について明示した。

データ保護では、情報主体(運転者)に対する収集情報の説明、情報主体の同意、個人情報の収集・処理の限定、情報主体による同意取り下げに係る権利の確保について。

自動運転者の接続・通信の安全確保については、車外のネットワークから車内の制御系ネットワークが影響を受けないこととする。システムの機能不全時の「セーフモード」を備えること。サイバー攻撃による不正操作を検知した時は、運転者に警告の上、車両を安全にコントロールすることとする。

通信利用型自動運転車へのリモートアクセスに関するオンラインサービスでは、強力な相互承認が必要とする。

自動運転のサイバーセキュリティとデータ保護、国連でガイドラインを策定

《レスポンス編集部@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×