自動運転の「サイバーセキュリティ及びデータ保護に係るガイドライン」について合意(WP29) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

自動運転の「サイバーセキュリティ及びデータ保護に係るガイドライン」について合意(WP29)

スイスのジュネーブで16日に開催されたWP29=国際連合自動車基準調和世界フォーラム170回会合の「自動運転分科会」で、日本とドイツが提案した「サイバーセキュリティ及びデータ保護に係るガイドライン」について合意した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
スイスのジュネーブで16日に開催されたWP29=国際連合自動車基準調和世界フォーラム170回会合の「自動運転分科会」で、日本とドイツが提案した「サイバーセキュリティ及びデータ保護に係るガイドライン」について合意した。

今後、ガイドラインについては、2017年3月開催予定の次回WP29第171回会合に上程、審議され、成立する見込み。

ガイドラインの要件は、データの操作、誤用に対抗する適切な保護の確実な実施、世界標準の通信技術によるデータ及び通信の暗号化、データ保護・セキュリティに関する独立し、認可された審査による証明について明示した。

データ保護では、情報主体(運転者)に対する収集情報の説明、情報主体の同意、個人情報の収集・処理の限定、情報主体による同意取り下げに係る権利の確保について。

自動運転者の接続・通信の安全確保については、車外のネットワークから車内の制御系ネットワークが影響を受けないこととする。システムの機能不全時の「セーフモード」を備えること。サイバー攻撃による不正操作を検知した時は、運転者に警告の上、車両を安全にコントロールすることとする。

通信利用型自動運転車へのリモートアクセスに関するオンラインサービスでは、強力な相互承認が必要とする。

自動運転のサイバーセキュリティとデータ保護、国連でガイドラインを策定

《レスポンス編集部@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×