5Gを活用した高度な警備サービスの実現に向けて実証実験を実施(ALSOK、NEC、NTTドコモ) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

5Gを活用した高度な警備サービスの実現に向けて実証実験を実施(ALSOK、NEC、NTTドコモ)

 綜合警備保障(ALSOK)と日本電気(NEC)及びNTTドコモは16日、次世代無線通信規格5Gを活用した高度な警備サービスの実現に向けた実証実験を実施することを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 綜合警備保障(ALSOK)と日本電気(NEC)及びNTTドコモは16日、次世代無線通信規格5Gを活用した高度な警備サービスの実現に向けた実証実験を実施することを発表した。

 近い将来に普及が期待されている5G通信では超高速、大容量通信が可能となる。3社は警備システムへ5G通信を導入することで、より高度なサービス実現に向けた検証を行う。

 ALSOKとNECがかねてから実施している商業ビル施設や大規模イベントなどでのICT機器、IT機器を活用した警備サービス「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント」に、5G通信インフラを組み合わせ、高精度な防犯カメラ映像のライブ共有や、画像解析による異常検知など、高度な警備サービスの実現に向けた検証を行っていく。

 NECは5G通信の要素技術である超多素子アンテナシステムを活用したMassive MIMOなどの5G通信システムの実用化でNTTドコモと協力しており、今回の実証実験ではALSOKゾーンセキュリティマネジメントに、NECとドコモが構築する5G通信インフラを組み合わせる形となっている。

ALSOKとNEC、ドコモの5G通信を利用した高度な警備サービスの実証実験を開始

《防犯システム取材班/小池明@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×