テーマ・プラグインを含む「WordPress」の脆弱性スキャン、当面は無料で提供(ウォルティ) | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

テーマ・プラグインを含む「WordPress」の脆弱性スキャン、当面は無料で提供(ウォルティ)

ウォルティは、同社が運営するセキュリティスキャンサービス「Walti.io」において、「WordPress」の脆弱性スキャン機能をリリースしたと発表した。当面は無料で利用できる。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ウォルティは7月19日、同社が運営するセキュリティスキャンサービス「Walti.io」において、「WordPress」の脆弱性スキャン機能をリリースしたと発表した。当面は無料で利用できる。WordPressは、国内におけるCMSシェアの8割を占めるなど、多数のサイトで利用されている一方で、脆弱性の多さから攻撃の標的となることも多い。WordPressに関する脆弱性は、テーマ・プラグインに由来するものも含めると毎月新たに数十件のペースで発見されているという。

今回リリースされたWordPressの脆弱性スキャン機能により、オープンソースプロダクトのWPScanを利用して、指定したサイトで稼動しているWordPress本体およびインストールされているテーマ・プラグインに存在する脆弱性の検出を行うことが可能となる。また、継続的なセキュリティ状況の把握・対応が不可欠であるため、WPScanによる脆弱性スキャンをWalti.ioが提供するスケジュール機能と組み合わせることで、日々新たに発見される脆弱性を逃さず迅速に検出することが可能になるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×