パスコードロックを全ユーザーに適用(Evernote) | ScanNetSecurity
2020.06.06(土)

パスコードロックを全ユーザーに適用(Evernote)

 何気なく置いたスマートフォンを、画面ロックが働く前に、のぞき見されるというケースがある。このとき、アプリごとにセキュリティがかかっていれば問題ないが、そうでなければ重要なデータが漏えいする可能性がある。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 何気なく置いたスマートフォンを、画面ロックが働く前に、のぞき見されるというケースがある。このとき、アプリごとにセキュリティがかかっていれば問題ないが、そうでなければ重要なデータが漏えいする可能性がある。

 クラウド情報管理アプリの「Evernote」だが、サイトやノートの保存だけでなく、たとえば免許証やキャッシュカードなどのコピーを保管しておいて、いざという場合に使えるようにするというライフハックがあり、こうした使い方をしているユーザーも多い。一方でセキュリティに関しては、十分なものが用意されていなかった。

 今週に入りEvernoteでは、モバイル版アプリにおいて、4桁の暗証番号を設定する機能「パスコードロック」
を、全ユーザーに適用した。従来は有料版でのみ利用可能だった機能だ。現在は無料版の「Evernote ベーシック」でも利用可能となっている。

 これにより、iOS・Android・Windows Phone端末では、Evernoteアプリにパスコードが設定できるようになった。なお、iOS 8以降を搭載のiOS端末では、Touch ID で Evernote のロックを解除することも可能だ。またEvernoteは、「1Password」との連携にも対応している(iOSアプリ拡張機能)ので、これを併用すれば、さらに堅牢な使い方ができるだろう。

 複雑すぎないが、それだけに使いやすく一安心なパスコード機能だが、ぜひ他アプリでも設定可能になってほしいところだ。

Evernoteがセキュリティ強化、「パスコードロック」を全ユーザが利用可能に

《赤坂薫@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×