ストレージ廃棄時などのデータ完全抹消を第三者機関が認証する仕組みを推進(サイバートラスト、CSAJ、ワンビ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

ストレージ廃棄時などのデータ完全抹消を第三者機関が認証する仕組みを推進(サイバートラスト、CSAJ、ワンビ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

サイバートラスト株式会社は5月16日、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)セキュリティ委員会内において、PC、スマートフォン、タブレットなどの廃棄およびリユースの際のデータの完全抹消を第三者機関で認証することを推進する「データ消去証明推進研究会」を発足したと発表した。また、同研究会にワンビ株式会社が加盟し、技術協力を行う。

同研究会では、業界標準ガイドラインの策定ならびに事業化の検討を、PC、スマートフォン、タブレットなどと、iDCの解約およびストレージ機器の二面において行うことを目的としている。活用内容としては、データ完全抹消における技術およびその高信頼証明について調査研究を行い、必要に応じて講演、セミナー企画を実施すること、事業化に向けた参入障壁となる規制に対する改正の提言のまとめ、先進的となるモデル事業を検討し、企業間での協業を通じた事業の創出を検討することなどを挙げている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×