IoT機器のなりすましやデータ改ざんを防止(DNP、コネクシオ、アットマークテクノ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

IoT機器のなりすましやデータ改ざんを防止(DNP、コネクシオ、アットマークテクノ)

 大日本印刷(DNP)、コネクシオ、アットマークテクノの3社は11日、高セキュリティなIoT環境を実現するゲートウェイ端末を共同開発し、2016年秋より発売することを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 大日本印刷(DNP)、コネクシオ、アットマークテクノの3社は11日、高セキュリティなIoT環境を実現するゲートウェイ端末を共同開発し、2016年秋より発売することを発表した。

 産業用組み込み用途のARM+Linuxプラットフォーム「Armadillo」をベースとして、IoTゲートウェイ端末にICカード技術を応用した機器組み込み用のSAM(Secure Application Module)を搭載したものとなっている。

 通信データの暗号化や機器認証、データの真贋性確認、機密情報保持などのセキュリティを確立してサーバーに送信することで、IoT機器の成りすましやデータ改ざんなどを防ぐ。

 今後、ますますニーズが高まっていくことが予想されるIoTセキュリティの分野において、遠隔保守管理などの安全性を確保できる機器として、2018年までに同製品を約10万台提供することを見込んでいる。

なりすまし&データ改ざんを防ぐIoTゲートウェイ端末

《防犯システム取材班/小池明@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×