印鑑が不要な「サイン認証」を個人向けに提供すると発表(三井住友銀行ほか) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

印鑑が不要な「サイン認証」を個人向けに提供すると発表(三井住友銀行ほか)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社三井住友銀行は4月12日、個人の利用者向けにサインのみによる本人確認を可能とする「サイン認証」サービスを今年度内にも国内各支店に導入する予定であると発表した。同サービスは、サインのみで銀行取引を可能にするもの。利用者はあらかじめ自分のサインを登録しておき、取引時に行うサインと照合することで本人確認を行う。これにより利用者は印鑑を持ち歩く必要がなくなり、盗難リスクもなくなるとしている。

同サービスでは、株式会社日本総合研究所(日本総研)と日本電気株式会社(NEC)が「サイン認証」の機能を実現するシステム全体の設計と構築を推進。日本総研とNECがシステム全般の導入、運用を行い、株式会社NTTデータが新技術の活用を積極的に進め、今回新たに開発したサイン認証エンジン「SignID」と支店で利用する「サイン認証」の入力用端末などを提供する。三井住友銀行は、今後も顧客の多様化するニーズに幅広く応えるために、「FinTech」を積極的に活用し、より一層の商品・サービスの拡充を、業界に先駆けて取り組んでいくとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×