「サイバー攻撃を目撃せよ!秋葉原0305」開催、攻殻機動隊制作のProduction I.Gの石川社長のセキュリティ対策も(NISC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.02.28(火)

「サイバー攻撃を目撃せよ!秋葉原0305」開催、攻殻機動隊制作のProduction I.Gの石川社長のセキュリティ対策も(NISC)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

近未来を舞台に犯罪との戦いを描いた『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』が、サイバーセキュリティ月間とのコラボレーションを展開中だ。サイバーセキュリティ月間は、ITを利用した情報流出を防ぐ目的で内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が啓蒙活動を進めるものだ。
3月5日には、東京・ベルサール秋葉原にてこの連携をアピールする「サイバー攻撃を目撃せよ!秋葉原0305」が開催された。谷脇康彦内閣審議官がサイバーセキュリティー対策のアピールしたほか、『攻殻機動隊 S.A.C』を制作したProduction I.Gの石川光久社長と、「新宿鮫」シリーズなどで知られる作家の大沢在昌も登壇した。

石川光久と大沢在昌のトークセッションでも、サイバー攻撃が話題となった。石川はサイバー攻撃について「すごいハッカーはダークサイドだと非常に恐ろしいが、アニメの力でダークサイドにいかせないようにできるのではないか」とアニメの役割と効果に言及した。
大沢は「『攻殻機動隊』は生涯ベストアニメ。中でも最初の映画版が大好き」と攻殻ファンであることを明かす。さらに作中の専門用語に触れて「インターネットではなく、電脳空間と言ってリアリティをもたせているのが良い。ハッカーの存在を実際以上に身近な脅威として感じさせることができる」とコメントした。

自身のセキュリティ対策について石川は「アニメ制作会社としては、情報流出は怖い。“関係者各位”というメールや添付ファイルは開かない」と明かす。
大沢は「自分は手で原稿を書いているが、パソコンで描いている作家は、編集部にメールで送るときに原稿を抜かれて、海賊版が出回るのを恐れている」と。それぞれの立場からサイバーセキュリティーについて話した。
イベントではそのほか、『攻殻機動隊 S.A.C.』オリジナルクリアファイルの配布や、ウイルス感染によるパソコン乗っ取りの実演など様々な企画が行われ、来場者への啓発していた。
[高橋克則]

攻殻機動隊×内閣府がサイバーセキュリティで連携 石川光久と大沢在昌がトークも

《高橋克則》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

研修・セミナー・カンファレンス カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. IoT と AI がもたらすパラダイムシフト「PDCA」から「CAPD」へ ~ 電機大 安田学長

    IoT と AI がもたらすパラダイムシフト「PDCA」から「CAPD」へ ~ 電機大 安田学長

  2. [Security Days Spring 2017 インタビュー] ユーザー視点に立ったSOCサービスで、プロバイダならではのセキュリティインテリジェンスを提供(IIJ)

    [Security Days Spring 2017 インタビュー] ユーザー視点に立ったSOCサービスで、プロバイダならではのセキュリティインテリジェンスを提供(IIJ)

  3. [Security Days Spring 2017 インタビュー] 日本がCSIRT構築より前に振り返るべきポイント(セキュアワークス・ジャパン)

    [Security Days Spring 2017 インタビュー] 日本がCSIRT構築より前に振り返るべきポイント(セキュアワークス・ジャパン)

  4. スマートテレビがランサムウェアに感染する瞬間を目撃! IoTセミナー(トレンドマイクロ)

  5. 「彼らは本気度が違う」 ~ 専門学校生対象の脆弱性発見コンテストで日本工学院八王子専門学校「WCDI」最優秀賞

  6. 東京オリンピック・パラリンピックに向け「サイバーコロッセオ×SECCON」開催(総務省)

  7. ランサムウェア、標的型攻撃の最新情報と対策セミナー開催(NHNテコラス)

  8. [Security Days Spring 2017 インタビュー] ソフトバンクが惚れ込んだ標的型攻撃対策のEDR製品(サイバーリーズン・ジャパン)

  9. 自動化された攻防戦 「CGC」 が 2 億円の賞金以上に与えたインパクト

  10. [Security Days Spring 2017 インタビュー] 情報技術(IT)と運用技術(OT)を統合し、産業制御システム分野のセキュリティの取り組みも推進(トリップワイヤ・ジャパン)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×