モバイルデバイス管理ソフトウェアの新版、より安全なアクセスが可能に(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.22(水)

モバイルデバイス管理ソフトウェアの新版、より安全なアクセスが可能に(ソフォス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ソフォス株式会社は2月9日、モバイルデバイス管理ソフトウェアの新版「Sophos Mobile Control 6」の提供を開始したと発表した。新機能として「Sophos Secure Email」「Corporate Browser」が搭載された。参考価格は、「Standard」が3,720円、「Advanced」が7,440円、サービスとして提供される「Sophos Mobile Control as a Service Standard」が3,600円、「同Advanced」が7,200円(1年間100ユーザで1ユーザあたり)。

Sophos Secure Emailは、メール、カレンダー、連絡先情報などの個人情報管理(PIM)を保護するコンテナ型ソリューション。個人データと企業データを分離することで、ユーザのプライバシー向上とビジネスデータの安全性を両立する。Corporate Browserは業務生産性向上のためのサイトやアプリケーションへの安全なアクセス を容易にするもので、「Sophos Secure Workspace」に搭載される。また、ジェイルブレイクやルート化されたデバイスを検知するほか、マルウェアと不要と思われるアプリケーション(PUA)も検知する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×