セキュリティ意識の高まりから長いパスワードが新たにランクイン、2015年版「最悪のパスワード」を発表(SplashData) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.03.27(月)

セキュリティ意識の高まりから長いパスワードが新たにランクイン、2015年版「最悪のパスワード」を発表(SplashData)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

パスワード管理アプリケーションを開発するSplashDataは、2011年から毎年公開している「最悪のパスワード」ランキングの2015年版を発表しました。データは昨年リークされた200万以上のパスワードの統計を基に集計したもの。5回目となる2015年版ではセキュリティ意識の高まりがあるのか、より長いパスワードが新たにランクインしています。
「最悪のパスワード」ワースト25
1.123456 (同)
2.password (同)
3.12345678 (↑1)
4.qwerty (↑1)
5.12345 (↓2)
6.123456789 (同)
7.football (↑3)
8.1234 (↓1)
9.1234567 (↑2)
10.baseball (↓2)
11.welcome (新)
12.1234567890 (新)
13.abc123 (↑1)
14.111111 (↑1)
15.1qaz2wsx (新)
16.dragon (↓7)
17.master (↑2)
18.monkey (↓6)
19.letmein (↓6)
20.login (新)
21.princess (新)
22.qwertyuiop (新)
23.solo (新)
24.passw0rd (新)
25.starwars (新)

*()内は昨年比

見事「最悪のパスワード」1位を獲得したのは「123456」という数字。多くのパスワードの最小6桁システムをそのまま利用し、数字を順に入力していくだけという単純さで昨年に続きトップに輝きました。2位には「password」というパスワードがランクイン、こちらも昨年同様の順位となっています。

全体的に見ると、キーボードを左や上から順に入力していくものや、単純な単語が占める状態。ユニークなのは「solo」や「princess」、「starwars」と映画「スター・ウォーズ」の公開でトレンドとなった単語が入っている所でしょうか。

基本的にこうした文字列は「推測されやすいパスワード」とされており、数字のみの羅列、意味のある単語などはハッキングの常套手段「辞書攻撃」で看破されやすいものになります。そうした単純な文字列を「1234567890」といった従来よりも長くしたとしても、セキュリティ強度はそう変わらないとSplashDataは伝えています。

オンラインサービスが多く、パスワードを設定する機会も多い我々ゲーマーですが、大事なアカウントを守るためにも、セキュリティ意識を高めておくと良さそうです。

2015年版『最悪のパスワード』ランキング発表―1位はあの数字…

《水京》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

    日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

  2. 書評「Dark Territory」(1) アメリカでサイバー戦が重要課題となるまでの軌跡

    書評「Dark Territory」(1) アメリカでサイバー戦が重要課題となるまでの軌跡

  3. 被害を受けた組織の約4割が改善策としてIT部門とセキュリティ部門分離を実施--シスコ年次レポート(シスコ)

    被害を受けた組織の約4割が改善策としてIT部門とセキュリティ部門分離を実施--シスコ年次レポート(シスコ)

  4. 企業の営業秘密漏えい 2大ルート明らかに、2,000社アンケート(IPA)

  5. 年金機構の事故を受けた調査結果と改善措置状況を発表、厚労省に大幅な遅れ(総務省)

  6. Active Directoryを狙う2つの攻撃手法と、ログを活用した検知と対策(JPCERT/CC)

  7. 「ファジング活用の手引き」資料を更新、「Taof」「Peach Fuzzer」など最新のツールを紹介(IPA)

  8. 書評「Dark Territory」(2) アメリカにおけるサイバー戦の扱いの変遷 ~ USCYBERCOM 以前

  9. 2016年に確認されたC&Cサーバ、8割が1年以上前に取得されたドメイン名(日本IBM)

  10. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×