日本時間13日にIEのサポートポリシーを変更、最新版以外のサポートを終了(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

日本時間13日にIEのサポートポリシーを変更、最新版以外のサポートを終了(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マイクロソフトは日本時間13日、「Internet Explorer」(IE)のサポートポリシーを変更。最新版以外のサポートを終了した。また同日から「Windows 8」も、セキュリティ更新が終了する。

 IEは、各オペレーションシステムの最新版のみがサポート対象となる。たとえば、Windows Vista(SP2)はIE 9、Windows 7はIE 11、Windows 8.1はIE 11のみ、サポートが行われ、それより古いバージョンにはセキュリティ更新プログラムなどの提供は行われない。IE最新版はマイクロソフトサイトから導入可能だ。

 同時に、「Windows 8」もライフサイクルが終了するタイミングを迎え、サポートが終了。セキュリティ更新プログラムなどの提供が行われなくなる。「Windows 8」は、「Windows 8.1」に更新することで、継続的に利用できる。

 OSおよびブラウザについては、最新版を利用することで、各種脆弱性対策になるほか、さまざまな新機能が利用可能となる。WindowsおよびInternet Explorerについては、早急にアップデートすることが望ましいだろう。

「Windows 8」「古いIE」は本日よりサポート対象外

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×