官庁、自治体、金融機関向けに統合型メールソフトを発売(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

官庁、自治体、金融機関向けに統合型メールソフトを発売(NEC)

NECは、中央官庁、自治体、金融機関での利用に適した統合型メールソフトウェア「Mission Critical Mail シリーズ」を発売した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本電気株式会社(NEC)は12月17日、中央官庁、自治体、金融機関での利用に適した統合型メールソフトウェア「Mission Critical Mail シリーズ」を同日より発売したと発表した。価格は500IDで1,300,000円から。同シリーズでは、ウイルス対策、スパム対策、なりすまし対策から誤送信対策、自治体のセキュリティ対策に寄与するメール無害化機能を搭載した「メールフィルタリング」、金融機関に求められるFISCの安全対策基準に則った監査の効率化機能や、厳格なログや証跡管理を有する「アーカイブ」、「メールサーバ/WEBメール」の機能を統合して提供するもの。

パスワードリスト攻撃の自動検知&自動防御を行うオートディフェンスフローコントロール機構を搭載するほか、同社独自の送信元確認機能により、高い安全性と堅牢性を装備、またFireEyeなどの標的型攻撃対策製品と組み合わせることも可能。また、冗長環境でなくてもメールの配送を停止させずに設定変更、パッチ適用を可能なローリングアップデート機構を搭載、24時間365日の安定稼動が可能な可用性を装備した。なお、「Mission Critical Mail シリーズ」の第1弾として、メールフィルタリング製品「Mission Critical Mail Filter」を2016年2月より提供を開始する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×