迷惑電話を自動判別して警告表示・ブロックする携帯電話向けサービスを発表(ソフトバンク、ウィルコム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.24(金)

迷惑電話を自動判別して警告表示・ブロックする携帯電話向けサービスを発表(ソフトバンク、ウィルコム)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ソフトバンクとウィルコムは18日、迷惑電話を自動判別して対処する携帯電話向けサービス「迷惑電話ブロック」を発表した。SoftBankとY!mobileのガラケー向けに、対応機種の発売に合わせて開始する。

 「迷惑電話ブロック」は、不審な電話番号のデータベース(トビラシステムズが独自収集)をもとに、迷惑電話を自動判別し、発着信時に警告表示・自動ブロックするサービスだ。電話番号は毎日、最新のデータに更新される。ハローページの情報(約600万件)をもとに、公共機関や企業の名称を、発着信時に自動表示することも可能。発信時にも着信時同様に警告、自動拒否、名称表示がされ、発信時の警告はバイブ振動で注意喚起を行う。

 ソフトバンクでは、同様のサービスを「迷惑電話チェッカー」として固定電話およびPHS向けに提供中。同サービスは、2014年に実施された実証実験で、1か月間に2万7,000件以上の迷惑電話をブロックした。今回、ガラケーでもサービスを利用可能とする。機能をさらに強化し、迷惑電話番号への発信時に警告を表示する機能と発着信時に公共機関や企業の名称を表示する機能を新たに追加した。

 対応機種は、AQUOSケータイ、DIGNOケータイ、かんたん携帯9(SoftBank)、AQUOSケータイ504SH、DIGNOケータイ502KC(Y!mobile)。利用料金は月額300円(税別、初月無料)。

ソフトバンク、迷惑電話ブロックをガラケー向けにもサービス開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  6. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  7. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  8. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  9. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  10. 自社技術とトレンドマイクロ製品で、ネットワークセキュリティの実証実験(IIJ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×