4社共同でセキュア IoT プラットフォーム事業を開始(CTJ、ESI、SBT、UBQ) | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

4社共同でセキュア IoT プラットフォーム事業を開始(CTJ、ESI、SBT、UBQ)

CTJ、ESI、SBT、UBQの4社は、セキュア IoT プラットフォームの開発・構築およびサービス化を共同で実施することに合意したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
サイバートラスト株式会社(CTJ)、エナジー・ソリューションズ株式会社(ESI)、ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)、株式会社ユビキタス(UBQ)の4社は10月29日、セキュア IoT プラットフォームの開発・構築およびサービス化を共同で実施することに合意したと発表した。10月19日には4社合同で、ソーラーモジュール等の検査対象物に対し、カメラを搭載したドローンを用いて検査する検査システム、および検査方法に関する特許を出願し、セキュア IoT プラットフォーム共同事業の第1弾として、太陽光発電所保守メンテナンスの義務化を前に、ソーラーモジュール検査サービスの提供に向けて開発を進めていくという。

4社はセキュアドローン協議会に加盟しており、これまでの実証実験への参加等と並行して、具体的な事業の検討を行ってきた。その結果4社は、ドローンを活用した「ソーラーモジュール検査サービス」の可能性を評価し、その事業化を通じて、IoT デバイスを対象としたセキュアな通信・デバイス制御・データ収集/解析や機器のセキュアな運用をクラウド基盤上で実現する「セキュア IoT プラットフォーム」の構築を目指し、共同で必要な技術開発およびサービス提供を進めることに合意したという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×