データに関する取引の活性化を狙い契約締結時に留意すべきポイントをチェックリスト形式で整理(経済産業省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

データに関する取引の活性化を狙い契約締結時に留意すべきポイントをチェックリスト形式で整理(経済産業省)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 経済産業省は6日、「データに関する取引の推進を目的とした契約ガイドライン」を公表した。取引当事者が、契約締結時に留意すべきポイントをチェックリスト形式で整理した内容となっている。

 ここ最近、「ビッグデータ」を利活用した新規ビジネスの事例が増えている。ビジネス構築にあたっては、「データを保有する事業者」と「データの提供を受ける事業者」が交渉すべき内容が多岐にわたっているが、先行事例・判断材料が少ないため、事業者の負担が大きいというのが現状だ。ガイドラインはそういった負担を軽減し、データに関する取引を活性化するのが目的とのこと。

 データ駆動型(ドリブン)イノベーション創出戦略協議会やウェブサイトにおける意見募集を行い、産業構造審議会商務流通情報分科会情報経済小委員会が内容を確認し、ガイドラインを作成した。ガイドラインは、検討項目をまとめたチェックリストと、検討項目の確認結果を具体的に契約書に反映した参考ひな形の二つで構成されている。チェックリストは、テーマごとに必要な検討項目を確認できる内容となっている。

 ガイドラインは全19ページのPDFファイルとなっており、経産省サイトからダウンロード可能。

経産省、データ取引に関する契約ガイドラインを公開……注意点をチェックリスト化

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×