ワイヤレス技術と監視カメラシステムを組み合わせた予知防犯監視ソリューションを発表(日本電業工作) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.15(金)

ワイヤレス技術と監視カメラシステムを組み合わせた予知防犯監視ソリューションを発表(日本電業工作)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本電業工作は29日、ワイヤレス技術と同社独自の監視カメラシステムを組み合わせた、工場や大規模施設向けの「予知防犯監視ソリューション」を発表した。

 同社はこれまで商用電源不要で運用できるソーラーパネル付きの監視カメラシステムなど、防犯・防災用途を想定した多機能監視カメラシステムなどを数多く提供している。

 今回発表された同ソリューションは、防犯専門家が監修し、「予知防犯」をコンセプトに、犯罪抑止と早期の侵入検知、犯罪の完遂を断念させることを目的とした外周警備用ソリューション。犯罪抑止効果を高めるための工夫としては、監視カメラシステムをあえて見えやすい場所に設置することで犯罪企図者を心理的に圧迫している。

 早期の侵入検知を実現するためには、設置したカメラやセンサーのいずれかが侵入を検知すると警備員や警備責任者に画像付きのメールで通知し、適切な対応を促す。さらに犯罪を完遂させないために、赤色灯や音声による威嚇機器と連動させ、犯罪企図者に対して、侵入が検知されていることを強く自覚させて撃退を図る。

 監視カメラの映像は、無線伝送で守衛室や警備室に集約でき、常時監視できるため、限られた警備員の人員でも効率よく、安定した警備体制を構築することが可能だ。

 車番認証ソフトと監視映像を連動させて不審車両の侵入を防ぐソリューションをはじめ、照明、カメラ、赤外線センサー、伝送機能などを一体化してロケーションフリーな設置が行える「入場ゲート向けソリューション」など、外周警備のほかにもさまざまなニーズに対応できる拡張性を備える。

 なお、これらのソリューションは、30日から10月2日まで東京ビッグサイトで開催される「フードセーフティジャパン2015」の日本電業工作のブースにて展示予定。同社の坂戸事業所からライブ映像の伝送などのデモ展示も行うという。

犯罪抑止と侵入検知を実現する予知防犯監視ソリューションが登場

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

    イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  2. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  3. シミュレーションゲーム「データセンターアタック」(トレンドマイクロ)

    シミュレーションゲーム「データセンターアタック」(トレンドマイクロ)

  4. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  6. カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

  7. ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC)

  8. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  9. EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

  10. 学校の自殺予防体制、情報セキュリティ技術活用

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×