SIMフリーAndroidスマートフォンの技適表記に誤り、初期出荷分を回収へ(UPQ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

SIMフリーAndroidスマートフォンの技適表記に誤り、初期出荷分を回収へ(UPQ)

 UPQは25日、同社が販売するSIMフリーAndroidスマートフォン「UPQ Phone A0」の初期出荷分を回収すると発表した。技術基準適合認定(技適)の表記に誤りがあった。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 UPQは25日、同社が販売するSIMフリーAndroidスマートフォン「UPQ Phone A0」の初期出荷分を回収すると発表した。技術基準適合認定(技適)の表記に誤りがあった。

 同社では、同機に関して技適は取得しているが、本体に添付した技適ラベルの記載に誤記があったとしている。技適ラベルのなかで、四角で囲まれた「T」の後、「AD」から始まる番号が「D」から始まる番号になっていた。「D」の場合、データ通信用の認可記号で、このままで通話をした場合、違法通信となるとの指摘がTwitterなどで寄せられていた。

 技適マークは、本体電池を外したところに添付してある。該当するユーザーには、UPQから返送キットが送られ、修正後に返送される。

 UPQは、秋葉原発の家電ベンチャーブランド。「UPQ Phone A0」のほかにもモバイルバッテリー搭載スーツケースやガラス製の透明キーボード、50インチの4Kディスプレイなどデジタル家電を中心に17種24製品を展開する。

UPQのSIMフリースマホ「UPQ Phone A0」、技適マーク不備で回収

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×