セキュリティを高めつつも威圧感を出さずに万引き防止対策を実現(マイティカード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

セキュリティを高めつつも威圧感を出さずに万引き防止対策を実現(マイティカード)

高千穂交易のグループ子会社であるマイティカードは、東京ビッグサイトで開催された「第17回 自動認識総合展」に、従来のEASの進化系といえる新方式の万引き防止ゲート「WaveGate」を展示した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
 高千穂交易のグループ子会社であるマイティカードは、東京ビッグサイトで開催された「第17回 自動認識総合展」に、従来のEASの進化系といえる新方式の万引き防止ゲート「WaveGate」を展示した。

 「WaveGate」の特徴に、UHF帯に対応したことによる万引き防止ゲートとしての検知範囲の拡大が挙げられる。これにより、従来品よりも間口を広くゲート式アンテナの設置することができるようになった。スタンダードモデルの場合、2本立てで使用する際には、2.5mまで間口を広げることができる。

 次に検知範囲が広がった恩恵として、ゲート式アンテナの小型化を実現。スタンダードタイプのサイズは、高さ1,260mm×幅235mm×奥行58mmと、成人の腰から胸にかけての高さのため、心理的な圧迫感が少ない。

 天井に設置したり、壁や棚などに組み込んで使用することができるWaveGateの関連製品「Waveアンテナ」もあり、ゲート式アンテナ「WaveGate」と組み合わせて、セキュリティを高めつつも、威圧感を出さずに万引き防止対策を実現できる。

 小売業にとって年々増加する万引き被害は、頭を悩ましている問題であり、喫緊の対策課題である。すでにEAS(万引き防止システム/Electronic Article Surveillance)を導入している場合も多いが、店舗の入り口に威圧感のゲート式アンテナを設置することを望まない業種も少なくなかった。

 また、万引き防止といった用途だけにとどまらず、RFIDを使った商品管理、在庫管理といった使い方も想定しており、小売業の業務効率化などにも貢献する製品だといえる。

防犯と商品管理が行える新方式の万引き防止ゲート「WaveGate」

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×