夜間の映像監視を前提に遠距離でも鮮明に撮影可能な高感度ネットワークカメラを開発中(キヤノン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

夜間の映像監視を前提に遠距離でも鮮明に撮影可能な高感度ネットワークカメラを開発中(キヤノン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 キヤノンは2日、大口径の超望遠ズームレンズを搭載し、夜間でも遠距離を鮮明に撮影可能な高感度ネットワークカメラの開発を進めていることを発表した。

 開発中のカメラは、600mmを超える望遠端においてもF値2.4を実現する大口径超望遠レンズを搭載する。

 高感度センサー、高性能映像エンジンとの組み合わせにより、月明かり程度の環境光(0.08ルクス)でも100m先の人物をカラーで認識できる能力を持っている。

 夜間の映像監視を前提として、河川や港湾などの自然監視や、ビルの屋上からの俯瞰した都市監視、自動車のナンバープレート識別など、多くの用途を想定しており、同社では2016年中の商品化を目指している。

超望遠&低照度撮影のネットワークカメラを開発へ……キヤノン

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×